ボイトレ講師の求人への応募に必要なもの

ボイストレーニングの講師はネットでも多数募集していますので、必要事項を記載して送信しておけば、レッスン生が見つかった時に優先して連絡をしてくれます。そのためネット応募なら手間も時間もかかりませんが、採用されるとは限りませんし、都合に合わせて働きたいという場合には自分の都合とレッスン生の都合がマッチしなければなりませんから、仕事を見つけづらくなります。いつから働きたいのか、どのくらい収入にしたいのかを明確にして仕事を探す必要がありますし、ネット応募では会社側がスキルの有無を確認することになるので、選考に通った人のみが面接に進むことができ、連絡がくるかどうかが不確定であるというデメリットを考慮しておかなくてはなりませんし、多数応募する必要が出てきます。

ボイトレ講師の求人はホームページで調べてみる

ボイトレ講師の求人は音楽教室が増えたせいで、募集人数が増えていますが、個人レッスンが中心になってしまうため、マンツーマンで指導できる講師が必要とされます。カリキュラムによっては資格やスキル不問のところもありますが、基本的には書類選考をしますので音楽大学卒業などの専門性が高いことが求められます。必要事項に学歴を記載し、どんな仕事をしてきたのかも考慮されますので、ボイストレーニングの講師として活躍していた場合には即戦力として採用されやすくなります。ボイストレーニングではコミュニケーションスキルも求められますので、話しやすい、親しみやすいといった性格も重視されることになり、指導経験があることは詳しく記載してスキルとしてアピールする必要がありますし、どんなレッスン生を指導していたのか、どんなことを重視していたのかについても詳しく記載しておくべきです。

勤務日数について明確にしておくこと

講師の募集は人手不足を解消するためにも行われていますので、週に何回くらいシフトで入れるかについてきちんと明確にしておく必要があります。レベルによっては週に2日くらいの勤務であっても採用されるチャンスがありますが、基本的にはシフトにたくさん入れる方が採用されやすくなるのは他の仕事と同じです。年齢層やレベルによっては指導方法が異なることにもなりますから、経験豊富であることは採用されやすい条件となりますので、アピールすることが大切です。パソコン操作ができることや楽器の演奏ができることなどについても記載しておくと講師としてだけでなく事務作業が担当できるということをアピールすることになりますのでおすすめです。実技試験を設定している場合には事前に問い合わせをしておくことです。